ウォーキングを利用したダイエットの方法

ウォーキングを利用したダイエットの方法

どんな人でも簡単に実践できることが、ウォーキングダイエットのいいところです。1週間に2回か3回など、ウォーキングをする日を設定して、歩くという方法です。できるならば、動きやすい服、そしてシューズを履いてウォーキングしましょう。ウォーキングによるダイエットで大切なのは、歩く早さです。どれだけ長時間のウォーキングだったとしても、歩くペースが遅かったのでは、ダイエットになるほどカロリーは使いきれません。ウォーキングによってダイエットをする時には、普通に歩く速度よりも、少し早足だなと思うぐらいの速さで歩くことが大切です。体を運動に慣らしながら、ちょっとずつペースアップしていくことで、無理のないウォーキングダイエットができます。朝ご飯を食べる前にウォーキングをすると、ダイエット効率が高まります。起きた直後は血液中の糖の量が少なく、ちょっとした運動で体内に体脂肪を燃焼することができると言われています。空きっ腹の運動は、コンディションを損ねる可能性がありますので要注意です。体の調子をチェックしながら、ウォーキングをするといいでしょう。多少の食事をした方が運動しやすい人は、バナナを半分だけ食べたり、牛乳を少し飲んでからウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。朝はウォーキングの時間がつくれないという場合は、どの時間でもいいですので、歩いてみましょう。運動を始めてから20分以上が立たなければ、体内に蓄積されている脂肪が燃焼しないため、20分以上は歩くようにすることです。運動時間が20分以下だと脂肪が効率的に燃焼しないので、ウォーキングしてもあまり意味がないのです。ウォーキングダイエットで大事なことは、長期に渡って継続することですので、無理ない運動を意識しましょう。

 

ミュゼ 多摩センターのページはこちらです。