リバウンドをせずに体重維持する

リバウンドをせずに体重維持する

ダイエットをしてもリバウンドが起きないようにするには、リバウンドのメカニズムを知ることです。何をもってダイエットは終了といえるのでしょう。決して、痩せることとは連動しません。減量ができたとしても、すぐに体重が戻ってしまっては、ダイエットができたとは言えません。体には、体重が減少すると、それを取り戻そうとするメカニズムが備わっています。それは、新陳代謝や、体温、体重が急激に変化して、体を維持していけなくなると死に至ることもある為です。体脂肪は、ある程度体にあることで、免疫抵抗力をつけています。急激に体重が減少すると、内臓機能に支障が生じたり、肌荒れの原因になってしまうという要素もあります。リバウンドは、減った体重を元の状態に戻し、健康な状態になりたいという体のメカニズムが起こしています。リバウンドとはどういった時に起きるかを理解ることにょって、リバウンドしづらいダイエット用の食事を用意することが可能ですダイエットがうまくいき、体重を減らすことができたからといって、ダイエット前の食事に戻すと、元の木阿弥になってしまうでしょう。ダイエットをしていた時でなくても、ある程度の食事内容に気を配ることで、減ったままの体重でいられます。食べ過ぎないこと、体を動かすことは、今後体重を維持し続けたいと思っている限り、ずっと続ける必要があります。食べ過ぎたり、運動不足が続くような日があったら、体重が増える可能性を考えて、ある程度は食事制限や軽い有酸素運動などをする必要があります。ダイエット前の体重に戻らないようにするには、高カロリーの物などを、3回に1回はあきらめるといった決断が、必要です。カロリー過多な食事をしていると、メカニズム的に考えると、すぐにリバウンドが発生してしまうことになります。

 

ミュゼ多摩センター駅x.biz