ミュゼ 多摩センター駅

リバウンドしないダイエット方法

どんなメカニズムでリバウンドが発生するかがわかると、リバウンドしにくいダイエットが可能になります。人体には、摂取したカロリーのうち消費したい分だけを使い、余った分は体脂肪にするというメカニズムを持っています。リバウンドを起こさない為には、代謝を下げないようにすることが大切です。そして、カロリーが脂肪になりにくい状態を意識することです。ダイエットには食事量を減らす方法や、低カロリーの食材に置き換えるダイエットがありますが、いずれもリバウンドのリスクが高い方法です。カロリーを減らせば、ダイエットができるというものではありません。食事制限は、しすぎないことです。一人一人の体質や、消費カロリー量によって、望ましい摂取カロリー量は違います。少なくしすぎると、体を壊してしまいかねません。新陳代謝を高めるためには、運動をして筋肉をつけることが大事です。リバウンドのメカニズムを把握して、ちょうどいい量の食事をしましょう。精神的なイライラをためながら、食べたいものを食べずにいると、気持ちが続きません。食事制限をしすぎると、いらいらしたり、夜に眠れなくなるという人もいます。1週間に1回くらいは食べたいものを食べたり、たまには自分へのごほうびをあげておやつを食べたりすることで、ダイエットの中にも楽しみが見出せます。また、よく噛んで食べることで満腹中枢が働きやすくなり、少量でもお腹がいっぱいになったと感じやすくなります。一口食べたら箸を置いて、口の中のものがなくなるくらい時間をかけて食事をすることで、リバウンドのメカニズムを活かせます。

 

ミュゼ 多摩センターのページはこちらです。